読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taka9unのブログ

ゲーム、パソコン、オーディオ、その他レビューなどをメインに書いてます。

【肘掛の外し方】アーロンチェアでギターは弾ける?

ブログ 楽器 趣味 DIY

先日購入したアーロンチェアの肘掛を外してみました。

外す理由は、アーロンチェアでギターを弾くため!

 

外し方は、

この4本のネジを、5mmの六角レンチで外す。

f:id:takachan8080:20170202100346j:plain

結構固く締めてあり、緩めた瞬間、パキン!って音がします。車やバイクをカスタムされている方はもう聞きなれてるあの音ですね。

 

このような特殊ネジが使用されています。トルクスのT27がぴったりでした。

f:id:takachan8080:20170202100524j:plain

 

そんな特殊なドライバーもってねーよ!って方もいらっしゃいますよね。

f:id:takachan8080:20170202100613j:plain

このように六角軸でセットになったものが売っています。

T8 T10 T15 T20 T25 T27 T30 T40の八本セットです。

6.35の六角軸なので、

f:id:takachan8080:20170202100816j:plain

インパクトに取り付けることももちろんできます。

 

 

先端に穴が開いているタイプですので、結構使えます。マキタのバッテリーのアレとか・・・

 

f:id:takachan8080:20170202101408j:plain

注意すべき点は、肘掛の高さ調整レバーの中にナットが仕込まれており、かたく締め付けられたネジを無理に回すと、レバー内のナットが空回りをして、締めることも緩めることもできなくなります。

また、結構重いので、必ず手で支えながらネジを外してください。黒い塗装でも金属製なので、多分足の上とかに落ちたらかなり痛いです。

 

レバー内のナットは、ナットとレバーが一体化しておらず、中で軽く遊びがある状態でした。画像右の樹脂部品を外すと、こんな感じにバラバラになります。レバーとナットがグリスでコテコテなので、注意してください。

左側の肘掛は、外せるか怪しかったので、やめました。

 

 

というわけで外してみたのですが、普通に腰かけてギターを抱えたみたところ、

座面の両端のせりあがった部分がギターに当たります

f:id:takachan8080:20170202101805j:plain

浅く腰掛け、体を斜めにすれば、せりあがった部分をかわすことができるものの、こんなに無理してアーロンチェアでギターを弾くよりも、ギタースツールを購入したほうが良さそうだな、という結論に。

まぁアーロンチェアってデスクワークをするためのイスであって、ギター弾くためのイスではないし、もちろんうたた寝をするようなイスでもないのですが、今度はヘッドレストを試してみたいです。

激安チェアーの専門店

 

 

肘掛無しを買えばギターも練習できるじゃん!って思ってる方は、ご注意を。

 

クッションなどで高さを上げればいいとおもいますが、アーロンチェアとは別にギター用のスツールを購入したほうがいいです。普段使いでは肘掛があったほうがデスクワークとかをする際は楽です。ちょっとスマホいじるときも肘掛があったほうがいいですね。

 

 

↓ギター専用に購入しました。↓

takachan8080.hatenablog.com